「今さら聞けないシリーズ」医学統計の基本

監修:東京大学大学院医学系研究科公共健康医学専攻
生物統計学分野 教授 松山 裕 先生

第1回「臨床研究の種類と特徴」

解説2

観察研究(observational study)

ある個人や集団の健康状態や診療記録をありのまま観察して、データを分析するのが「観察研究」で…。

円城寺先生

地域住民の健康状態を長期間にわたって観察することで、心疾患の危険因子を明らかにしたフラミンガム研究のような疫学研究は観察研究の代表だね。

三宅先生

ありがとうございます。そうですね。
観察研究は、時間の方向によって、「前向き研究」と「後ろ向き研究」に分けることができます。さらに、対象者に対する観察回数をもとに、横断研究(cross-sectional study)縦断研究(longitudinal study)に分類できます。

円城寺先生

横断研究は、対象者を1回だけ観察する研究です。ある一時点において観察されたデータをもとに解析を行う研究が最も単純で、たとえば、「20XX年12月の国内インフルエンザ有病率」だったら、横断研究だよね。
縦断研究は、対象者を2回以上繰り返し観察する研究です。調査したいことを違う時点で複数回データ収集するので、研究に時間の流れが加わるのが特徴ね。

円城寺先生

Pick Up

前向き研究
現在から未来に向かってデータを収集して研究します。
その代表例が「コホート研究」です。ある病気の原因や要因と疑われる状況にいる人といない人を追跡し、結果的にその病気になったかどうかを調査します。
※コホート研究にも後ろ向き研究はありますが、ほとんどは前向き研究であるため、
一般的には「コホート研究=前向きコホート研究」を指します。

例)高血圧症の患者とそうでない患者を数~数十年に渡り追跡し、心血管イベントの発生率を調査する。
後ろ向き研究
過去のデータを収集して研究します。
その代表例がケース・コントロール研究(症例対照研究)で、現在の「結果(疾病の有無など)」から過去の「要因(食事や生活習慣など)」に遡ってデータを収集し、解析を行います。
例)脳梗塞患者とそうでない患者について、過去を遡って喫煙歴を調べ、脳梗塞と喫煙に関連性があるかを研究する。

観察研究の考え方を図にまとめると、こんな感じかな。

円城寺先生

図

若林先生

一言で観察研究といってもたくさん種類があるんですね。でも、コホート研究みたいに、わざわざ時間をかけて患者さんを調べなくても、すべてケース・コントロール研究にしてしまえば時間も手間も省けるんじゃないですか?

確かに、ケース・コントロール研究はコホート研究よりも時間やコストが抑えられ稀な疾患の調査に向いているけど、データの不正確性や思い出しバイアスというデメリットもある。観察研究のメリット・デメリットを知っておくことは,自分の研究成果を考察するためにも必要な知識だよ。

三宅先生

  横断研究 縦断研究
前向き
(コホート研究)
後ろ向き
(ケース・コントロール研究)



  • 時間・経費の効率が最もよい。
  • 様々な要因について、一度にデータ収集できるため、多方面からの関連の検討が可能。
  • 観察の時間的順序と因果の順序が同じであり、介入研究に近い。
  • いろんな種類の疾患発症に関するリスク要因の検討を行うことができる。
  • コホート研究よりも時間的・費用的な効率は良い。
  • 発症例数の少ない疾患を対象とする研究で有利。




  • 原因と結果の因果関係が明確ではなく、因果の逆転が生じやすい。
  • 時間的・費用的効率が悪い。
  • 発症例数の少ない疾患の研究には適さない。
  • 観察の時間的順序が因果の順序と逆であり、様々なバイアス(過去の情報収集に関する思い出しバイアスやコントロール選択に関する選択バイアスなど)の影響が入りやすい。

若林君、観察研究が分かったら、次は「介入研究」ね。

円城寺先生

PP-ASP-JP-0037-04-12