RISC Research Group on Instability in Coronary Artery Disease

アスピリンは生誕110年を迎え、その歴史の中で豊富なエビデンスが蓄積されてきました。
目的 不安定狭心症または非Q波心筋梗塞(MI)既往患者において、アスピリンとヘパリンの単独および併用投与の有効性と安全性を検討
デザイン ランダム化、プラセボ対照、二重盲検、intention-to-treat解析
実施国 スウェーデン
追跡期間 1年
対象 70歳未満のCCU入院男性患者、796例
群構成 アスピリン(75 mg/日)群 〔n=189〕
ヘパリン静注群〔n=198〕
アスピリン(75 mg/日)+ヘパリン静注群〔n=210〕
プラセボ群〔n=199〕
アスピリンは1年間継続投与。
ヘパリンは5,000IU/mL皮下注ボーラス投与後、6時間ごとに2mL皮下注(24時間)、その後6時間ごとに1.5mL皮下注(4日間)。
結果 (本試験はISIS-2の発表を受け、1988年早期に中止された。そのため、最短追跡期間は3ヵ月となっている。 )
心筋梗塞および死亡のリスクはプラセボ群に比し、アスピリン投与群で有意に減少した。 ヘパリン投与はイベント発生率に影響を及ぼさなかったが、ヘパリンとアスピリンの併用群では、治療開始5日後のイベント発生率が有意に減少した。
有害事象: アスピリン投与による出血性の有害事象はほとんどみられなかっ
た。1ヵ月後の消化管症状の発現は、アスピリン群、プラセボ群ともに同等であったが、3ヵ月後ではアスピリン群で多くみられた(5.2?6.5% vs 0.7?1.9%)。またアスピリンに関連した有害事象による投与中止は、アスピリン群1.8%、プラセボ群1.3%であった。
Lancet 1990 ; 336 (8719) : 827-30
不安定狭心症または非Q波心筋梗塞患者におけるアスピリンの予後改善効果



心筋梗塞と死亡の発現数 5日後(p値、プラセボ群との比較) 30日後(p値、プラセボ群との比較)
プラセボ群
ヘパリン静注群
アスピリン群
アスピリン+ヘパリン静注群
12
11(NS)
7(NS)
3(P=0.027)
28
25(NS)
9(P=0.0037)
8(P=0.0005)
log-rank 検定 χ2 検定
Lancet 1990 ; 336 (8719) : 827-30

複合イベントの経時的推移(1年間の追跡結果)

J Am Coll Cardiol 1991 ; 18 (7) :1587-93