Patrono C. et al. Low-Dose Aspirin for the Prevention of Atherothrombosis

アスピリンは生誕110年を迎え、その歴史の中で豊富なエビデンスが蓄積されてきました。
低用量アスピリンの利益とリスク


WHS:Women’s Health Study
PHS:Physicians’ Health Study
PPP:Primary Prevention Project
HOT:Hypertension Optimal Treatment Study
BDT:British Doctors Trial
TPT:Thrombosis Prevention Trial
SAPAT:Swedish Angina Pectoris Aspirin Trial
図の左方には脳・心血管イベントの低リスク者を対象とした試験、右方には動脈硬化性疾患を有する高リスク者を対象とした試験が位置する。
すなわち、動脈硬化性疾患を有するほとんどの患者ではアスピリンのベネフィットは出血性リスクを上回るが、低リスク者ではリスクベネフィットが少なくなる。



N Engl J Med 353; 22 DEC. 1, 2005